訪問着買うなら通販|きもの通販店比較

ホーム > 介護の豆知識 > 訪問着っていつどういう時に着るの

訪問着っていつどういう時に着るの

 訪問着は襟から袖にかけて、模様が続いている着物です。年齢、未婚、既婚に関係なく着ることができます。
 訪問着を着る時はどういう時でしょうか。訪問着を着る機会はたくさんあります。結婚式や披露宴に出席する場合です。
 既婚者で親戚の結婚式に出席する場合は留袖を着ることが多いです。未婚者が遠い親戚の場合、友人の結婚式の場合に、訪問着を着ると会場が華やかになります。
 花嫁の色である白は避けます。花嫁が色打掛を着る場合は、同じ色は避けます。喪服を連想させる黒っぽい色は避けます。


 子供のお宮参り、七五三、入学式や卒業式の付き添いの場合にも訪問着を着ることができます。主役は子供ですので、子供を引き立てるような色や柄を選びます。
 パーティや食事会、観劇などにも着ることができます。家紋のない訪問着を選びます。茶会の席は茶会の規模や内容によって、ふさわしい着物が異なるので、主催者に確認すると良いでしょう。
 近年では訪問着を何枚も持つ人は少ないでしょう。用途の広い訪問着を選びます。色は淡いピンクや水色なら、華やかですが、控えめな印象になります。
 柄は季節に合った柄を選びます。季節ごとに着物を揃えるのが難しい場合は、四季の柄が含まれているもの、季節に関係しない柄を選びます。
 帯や半襟、帯揚げの組み合わせは洋服とは感覚が異なりますので、素材や色など知識の豊富な人に選んでもらうと良いでしょう。


 訪問着だけでなく、着物を着た時に大荷物ではおかしいです。荷物は最小限にして、着物に合ったバックを使用します。
 アクセサリーはつけません。香水も使わないほうが良いでしょう。髪はアップにした方が襟足がきれいに見えます。あまり髪を大きく結うとバランスが悪くなります。
 メイクは着物の色と合わせると統一感が出ます。あまり洋風にならないようにします。着物を着ている時に腕が見えてしまうとおかしいので、手は肩より高く上げません。
 食事の時など、遠くの物を取る時は袖口を押さえて袖がひっかからないように注意します。立ち姿の時は肘を軽く曲げて、手を前で合わせるようにします。
 写真を撮る時は着物の左側の模様が良く見えるように、斜めに立ちます。後姿も写真に撮っておくと良いでしょう。
 後ろを振り向くような感じで体をひねります。顔は下を見るようにしてカメラから目線を外します。歩く時は内また気味に小幅で歩くようにします。バタバタ足音を立てたり、走ったりしないようにします。

次の記事へ